第7回大分チャレンジ

今回は3日間で最大6試合行われました。
各チーム最後まで自分たちのプレーにこだわり優勝目指して白熱した戦いを見せてくれました。

 

今回優勝を果たしたのは関西からお越しいただいた同志社大学!
素早いパス回しからのシュートや華麗なドリブルからのシュートは会場にいる誰をも魅了しました!

 

そんな中!
今回最優秀選手賞を受賞したのは、地元大分の日本文理大学No.2寺崎廉選手!
同志社大学が強さを見せるも、彼の素早いドリブルや高確率のシュートは目を奪われました!

 

また、今回は学生に審判に入っていただきました!
普段はプレイヤーとして試合をしている中で、手が当たっているのにファールがならないと判定に不満を持つことも多くあると思います。
しかし、今回審判をすることによって審判の難しさや大変さありがたさに気づき実感できたと思います。

 

この経験から選手たちがどのような気持ちをもってプレーするか楽しみです!
バスケをするだけでなく、審判さんがいて始めて試合が成り立つことに気づいたのではないでしょうか!

 

 

〈試合結果〉
優勝 :同志社大学
準優勝:大阪商業大学②
3位 :大阪商業大学①

 

20230316-1.jpg 20230316-2.jpg 20230316-3.jpg

 

  

 

第7回大分チャレンジ NEWS一覧へ