格安の東北旅行

格安東北旅行

東北の歴史・文化・食事を満喫!

東北ツアー検索

目的地
出発日
キーワード

*複数のキーワードでの絞り込みはスペースで区切って入力してください。

出発地をお選び下さい

目的地で東北ツアーを探す

東北夏祭り

東北夏祭り

【東北夏祭り】
青森“ねぶた祭”、秋田“竿燈まつり”、山形“花笠まつり”、仙台“七夕まつり”と毎年、全国から大勢のお客様が駆けつけます。ご予約はお早めに!!

【青森県】青森・弘前・三沢

青森・弘前・三沢ツアー

【青森旅行 関西発】
奥入瀬渓流や世界自然遺産の「白神山地」など自然豊かな景勝地が数多く点在している青森県。夏の「ねぶた祭り」は迫力満点で最高です。

【宮城県】仙台・松島

仙台・松島ツアー

【宮城旅行 関西発】
戦国大名伊達正宗公が仙台城を築いた地。観光では日本三景の一つ「松島」も有名ですね。グルメではやはり牛タンでしょう。

【岩手県】盛岡

盛岡ツアー

【岩手旅行 関西発】
金色堂など寺内には3,000を越える国宝・重要文化財・史跡があり、平安時代に栄華を極めた藤原氏の黄金文化を伝える貴重な観光地です。

【秋田県】秋田・大館・能代・十和田湖畔

秋田ツアー東京発

【秋田旅行 関西発】
武家屋敷が立ち並ぶ「みちのくの小京都」角館など、古くからの風情を楽しめます。また、豊かな自然や温泉で心も体もリラックスして下さい。

【福島県】福島・郡山

福島・郡山ツアー東京発

【福島旅行 関西発】
会津若松の鶴ヶ城、旧宿場町の大内宿、喜多方ラーメン、温泉にスキー場など文化・歴史・食など魅力満載の観光地です。

【山形県】山形

山形ツアー

【山形旅行 関西発】
母なる最上川が流れ、四季折々に表情を変える豊かな自然に恵まれたおいしい自然と温泉を満喫して下さい。

人気ホテルで東北プランを探す

ホテル青森 東京発

ホテル青森

【青森旅行 東京発】
満足度が高く、青森市内の中心に位置し交通に便利なホテルです。ホテルから陸奥湾と八甲田山を一望出来ます。

弘前パークホテル 東京発

弘前パークホテル

【青森旅行 東京発】
弘前公園などの観光地への散策にも最適な立地で、岩木山または八甲田山を望めるホテルです。インターネット接続(LAN接続)が無料です。

ホテルメトロポリタン仙台 東京発

ホテルメトロポリタン仙台

【宮城旅行 東京発】
JR仙台駅に隣接し、観光とビジネスに最適のロケーションを誇り、コンベンションシティ仙台にふさわしい最新のホテル機能を備えた、東北を代表するシティホテルです。

ホテル松島大観荘 東京発

ホテル松島大観荘

【宮城・松島旅行 東京発】
松島湾を見下ろす高台に位置する、松島随一のスケールを誇るリゾートホテルです。ロビーや展望大浴場からは、日本三景松島の景勝が一望できます。

ダイワロイネットホテル盛岡 東京発

ダイワロイネットホテル盛岡

【岩手旅行 東京発】
盛岡駅より車で7分。ビジネス・観光に便利な盛岡大通繁華街の好立地。ゆったりした客室に全室液晶TV、加湿空気清浄機を設置。選べる種類豊富なレディースアメニティも女性に大好評!

ホテルメトロポリタン盛岡 東京発

ホテルメトロポリタン盛岡

【岩手旅行 東京発】
盛岡駅から徒歩3分。ヨーロピアンクラシカルと、盛岡の情緒が溶け込んだ、落ち着いた室内空間。快適な広さでゆったりとした寛ぎ下さい。

ドーミーイン秋田 東京発

ドーミーイン秋田

【秋田旅行 東京発】
JR秋田駅から徒歩5分。ホテルの目の前には千秋公園、県民会館があり立地抜群。最上階11階には天然温泉大浴場完備。開放感溢れる露天風呂やサウナもご用意してます。

ホテルメトロポリタン山形 東京発

ホテルメトロポリタン山形

【山形旅行 東京発】
JR山形駅直結というアクセスの良さと、窓から眺める抜群のロケーション、JR山形駅から一番近いホテルです。真ごころこめた最上級のおもてなしで皆様をお迎え致します。

福島ビューホテル 東京発

福島ビューホテル

【福島旅行 東京発】
JR福島駅の西口駅前に立地する、アクセスに恵まれたシティホテルです。ビジネスや観光に大変便利です。

郡山ビューホテルアネックス 東京発

郡山ビューホテルアネックス

【福島・郡山旅行 東京発】
多目的な設備を持つ都市型ホテル。客室は静けさとゆとりを大切にしており、禁煙室、レディースルームもあります。郡山駅から徒歩3分とビジネス、観光地への拠点として大変便利です。

東北観光インフォメーション

大人気の観光地をご紹介します。ここをチェックしておけばとりあえずOK!

東北・各地最新グルメ

関西の最新グルメをご紹介!美味しい食事を思いっきり楽しもう!!

  東北旅行は、「青森県」「秋田県」「岩手県」「山形県」「宮城県」「福島県」の6県それぞれ自然や温泉や料理に歴史があることです。
各県それぞれの特徴があり、エリアごとに見所豊富な観光地があり雰囲気ももちろん変わりますので、レンタカーを付けて東北を思う存分満喫するのも良いかと思います。

 「青森県」
  東北三大祭りの一つで、国の「重要無形民族文化財」でもある「ねぶた祭り」。灯篭流しの変形であろうと言われてますが、定かではありません。毎年8月2日〜7日の日程で開催され、約3.1kmのコースを2日〜6日は夜、最終日の7日は昼に運行されます。
 十和田湖畔の子ノ口から焼山まで、約14kmの奥入瀬川の美しい渓流「奥入瀬渓流」。新緑や紅葉の時期は特に人気が高いです。「瀑布街道」とも呼ばれ、銚子大滝・雲井の滝など主要なもだけでも十数個の滝が味わえます。
また、温泉も充実しており、「薬研温泉」「浅虫温泉」「酸ケ山温泉」「青荷温泉」「十和田湖畔温泉」が有名ですね。

 「秋田県」
 秋田といえば、「なまはげ」が有名ですね。
 能代ねぶながしは、炎暑の眠気を覚まし、秋の豊作を祈願した祭りでかつては疫病払いの為、米代川へ灯篭を焼き流したとも言われています。
まさに夜空に明々と浮かび上がる城郭型大灯篭の威容は見る者を圧倒します。
 1910年に始まった大曲の花火「全国花火競技大会」。自らの手で打ち上げなければならず、花火関係者の間では最も権威のある大会として位置づけれていまうす。毎年、斬新な発送のアイデア花火が夜空いっぱいに打ち上げられます。
 両岸の原生林と独特の青い渓流がとても美しい「抱き返り渓谷」。遊歩道が整備され、奇岩・急流・滝を気軽に見ることが出来ます。つり橋「神の岩橋」からの眺望は絶景です!

 「岩手県」
 東北5大まつりに数えられる「盛岡さんさ踊り」は、かつて三ツ石神社境内で人々が悪鬼退散を喜んで踊ったのが始まりとされています。現在では、踊り手、笛、太鼓あわせて3万数千人ほどの群衆となり、マーチングバンドもパレードして祭りを盛り上がる。
「中尊寺」850年に慈覚大師円仁によって開かれた古刹。金色堂をはじめとして国宝・重要文化財に伝える平安美術の宝庫です。
 歐穴や滝、底深い淵など2kmにわたり磐井川が巨岩を侵食して出来た「厳美渓」。名物のだんごを食べながら遊歩道を散策出来ます。春の新緑、夏の渓谷美、秋には紅葉、冬には水墨画を思わせる雪景色が広がり、四季それぞれの風情が楽しめます。
「浄土ヶ浜」この地名は、天保年間に霊鏡和尚が「さながらが極上浄土のごとし」と感嘆したことから名づけられています。入り江にある良好な水質と波の静かさで「日本の渚百選」「日本の水浴場88選」に『浄土ヶ浜のかおり』が選定されています。
道後の公衆浴場として、地元の人や観光客が大勢訪れる道後温泉本館は、江戸時代から何度も修繕を繰り返してきた建物を、道後之町初代町長・伊佐庭如矢が「1000年先にも誇れるものを」と明治27年に改築した。国の重要文化財に指定され、格付けで有名なミシュランでは三ツ星を得ている。幾重にも重なった美しい屋根、寺社風の風格ある姿は撮影スポットとしても人気です。ぜひ一度、お客様自身の体で歴史を体感して下さい。

 「山形県」
 「蔵王温泉スキー場」樹氷を見ながら滑走が出来、広大な面積を誇るスキー場。アフタースキーには、温泉を楽しんだり、宿を出てお土産屋街に出たりと観光とスキー・スノーボードを満喫できる夢のようなスキー場です。
森敦の小説「月山」で有名な月山は、宗教の山・出羽三山の一つ磐梯朝日園立公園の北域にあり、ブナの原生林や珍しい動植物など美しい大自然が残っています。「日本百名山」にも数えられ、夏スキーが出来る事でも知られています。
 「日本一の芋煮会フェスティバル」秋になると家族や友人達のグループが集まり、河原で石を積んでかまどを作り、野外鍋料理を楽しめます。

「宮城県」
 宮城県には、温泉・観光地・グルメが充実しており、ビジネスでもよく利用される観光地です。
「牛タン」仙台と言えば牛タンが出てきますよね。濃厚な味わいをぜひご賞味下さい。
「松島」日本三景の一つ松島。万葉の昔より歌枕として用いられ、みちのくを代表する名勝松島が「宮島」「天橋立」 と並び日本三景の一つと言われたのは1714年ごろ(正徳四)、江戸幕府の儒学者林羅山の三男である林春斎がその著書 「日本国事跡考」において、「日本三処奇観」と記したのに始まります。 俳聖芭蕉が奥州行脚する目的の一つとした松島は、奥の細道の中で「松嶋の月まず心にかかりて」 とありますようによほど気にかかっていたようで、「扶桑第一の好風なり」とそのあまりの美しさに驚嘆し、 絶句したそうです。また、芭蕉が詠んだ句と言われる「松島やああ松島や松島や」は、後にできた逸説のようです。 現在、このすばらしい景観保持のため、全国のゴルファーの協力により、松の植樹が行われています。
「鳴子峡」大谷川が刻むV字峡で、見晴台からの景色も美しく、灰褐色の岩肌とブナ・ナラなどの黄、鮮やかなカエデの赤、マツの濃緑がそれぞれ引き立てあい、素晴らしい紅葉が楽しめます。

「福島県」
 バスで会津を散策出来たり、歴代会津領主の居城「若松城」を見学したりと、観光に力を入れている福島県。
 「会津武家屋敷」会津武家屋敷は会津藩家老西郷頼母邸を中心に重要文化財の旧中畑陣屋、茶室、 藩米精米所、会津歴史資料館などが軒を連ねる「歴史散策ゾーン」・会津、福島のいいものを集めた 「郷工房 古今」・会津の郷土料理を味わえる「御食事処 九曜亭」がある総合ミュージアムパークです
「花見山」日本を代表する写真家故秋山庄太郎氏が、「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所です。 早春のロウバイに始まり、サクラ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモなどの花々が次々に咲き競います。 1軒の花き生産農家が、自らの農地を「きれいな花を皆さんに楽しんでもらいたい」との善意から、先代と長い歳月をかけてつくり上げ、無料で公開している個人所有の公園です。